<< 亥とモデルノ | main | 20thコーチジャケット&スウェットパーカ >>
20thを遊ぶ

 

 20th コーチJKと同じくスウェットパーカ(プルオーバー、ジップアップ)のサンプルがUP!どちらもかなりの出来栄えと自負しております。

 

 

 コーチJKは例の20年分のプラグで描いたピースマークをセンターに、周りにはブランドロゴとウェーブとLove Fishing, Music & Peaceとのスピリッツをサイケにピースフルに描いてみた。波イメージの新ロゴはもちろん、ほぼ描きおろしの渾身作。

 

 

 胸には波の新ロゴ。オプションにもなるよう、ワッペンも製作中。

 

 カラーはブラック、レッド、ネイビー、ダックカモ、タイガーカモの5パターン。

 

 

 スウェットにも同じくピースマーク入りの20。Woodstock的ハトと魚とピースマークでカレッジプリントをアレンジ。上の画像でわかるだろうか、ヴィンテージ風のクラック(ひび割れ)プリントが凝っているのだ。

 

 

 ご覧のようにシンプルではあるものの単なるカレッジ調ではなく、そこにメッセージが見えるのが津波ルアーズらしい・・・と思う。

 

 

 プルオーバーとジップアップにそれぞれオートミール、ネイビー、イエロー、レッドの4色。今回のボディは色味が古着っぽくていい。ついでにシェイプも古着っぽくていい。特にイエローとレッドのこういうカラーはなかなかないと思うのだけれど。

 

 20thコーチJKと20thスウェットパーカはまもなくご予約開始。受注生産。

 

 

 そしてこちら、亥 20th Colorsはただ今ご予約受付中。プロダクツページもUP済み。カラーはマイティアロウ 20th Colorsとお揃いの6色。ちなみに上のはWave Head Red。レッドヘッドの境目が波型で、サイドに散らしているのがラメではなくて、青貝粉であるのが和風、そして津波ルアーズ風。

 

 

 同じくただ今ご予約受付中のModerno 53HJ。津波ルアーズ初の2ピースモデルは、色々と可能性を感じさせてくれるはず。例えば出張のお供にも、家族旅行のお供にも決して出しゃばらない。カヤックフィッシングのサブにもなりそう。しかし、ただのサブには終わらないメインをも食ってしまうバーサタイルなポテンシャルを秘める。

 

 そう言えば、俺がその昔初めて手にしたトップウォーターロッドはおそらく60's Heddon Palの2ピースで、その後長らくメインで使っていたのは60's ハーターズの2ピースだったことを思い出す。何を隠そう、当時そのハーターズのアクションを俺はかなり気に入っていたから、そのアクションを模して作ったのが津波ルアーズの1stロッド「YABUSAME」なのである。余談ですが・・・。

 


 さて、ここに来てリリースしたばかりのNiva Lが釣れている。決して釣れやすい時期ではないから、この釣果は本物(?)だと思う。マニア谷口なんかは12月に入って1日に3本なんていう釣果を叩き出していて、予想していないではなかったものの、これには少々驚いた。

 

 

 クリアウォーターで躊躇なく食って来たというマニア谷口のインプレッションがそのポテンシャルを物語る。この時期にこれなら、まだまだ可能性ありと言っていいでしょう。

 

 

 その釣果を見て感化されたデンさんも、次の日にそれを裏付ける釣果。

 

 

 あるところにはまだ在庫有りだと思うので、買い逃した人はこの際買っておきましょう。

| - |
























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items