<< スクープとロマンの話 | main | 遊ぶこと >>
LEYENDA EN VAMONOS

伝説のメキシコ遠征から40年、満を持してレジェンド=玉越和夫(スミス)が、明石光正(アカシブランド)、元木正実(津波ルアーズ)を伴い再び彼の地へ。
10lbライン、スローテーパー、ヘドン、ハトリーズ・・・日本で確立したスミススタイルでメヒコバスに臨む!(ジャケット仮イメージ)

 

 僕らのヒーロー=玉越”たまちゃん”和夫御大が大活躍する、DVD「LEYENDA EN VAMONOS (レジェンダ・エン・バモノス)」は、年末リリースと非公式にお伝えしていたけれど、どうやら年明けになりそう。年末あたりからは予約が始まる予定。

 

 俺にとってのこれの意味はそのヒーローをついにメキシコへとアテンドして、そして一緒に釣りが出来たこと。つまりはトップウォーターの歴史の現場に立ち会ったということなのである。

 

 さらにDVD化にあたっての俺の仕事は音楽とデザインワークで、ただ今急ぎ進めているところ。これが結構大変なんです。

 

 

 Moderno 53HJとか、イノシシとかのリリースも迫っているし、Sonicmaster Alternativeは塗らないといけないし、おまけにコーチJKとスウェットの予約も取りたいし。

 

 昨日だったか、Moderno 53HJに付属する袋が届いて、今日は出荷の際のダンボールが届いたところ。なにせ今までにない仕舞寸法なので、ダンボールだって特別誂えなのだ。袋もダンボールも、これまで見たことのない短いサイズなので、見た瞬間女子よろしく思わず「可愛い」と言いそうになった。

 

 

 Moderno 53HJとイノシシはそろそろフライヤーを作ってお知らせするつもり。少々お待ちを。

 

 

 Sonicmaster Alternativeは限定台数で、どうやら現状の予約段階で残り10台というHEADZからの情報。これが昨日の情報なので、欲しいと思っている人は急いだ方がいいでしょう。

 

 このリール、MM-4600シリーズもそうだったのだけれど、多少大袈裟に言うならば、またも間違いなくリールのあり方を問う、エポックメイキングな存在になると自負している。いやほんと、こんなバカバカしいリールどこにもなかったわけで、それを完全なオリジナルではなくてカスタムというレベルで実現しているのは奇跡的だと自分でも思っているくらい。

 

 

 それからスウェットシャツについて。プリントはクラックだとお伝えしたけれど、イメージ出来ない人も多いと思うので、とりあえずサンプルの画像をどうぞ。ラバーのインクって、経年でこういうクラック、つまりはひび割れが出来る。アメリカの古着にはこういうのが良くあって、それが古着好きの好むやれた雰囲気に繋がっているわけなのです。それを人工的に演出するのがクラックプリント。人工的とは言え、ご覧のようにほとんど古着と遜色ないと言っていいでしょう。プリントは特殊な方法で、さらには洗いをかけないとこうはならないので、ちょっとした手間もかかります。いかがでしょう?受注生産の予定。予約開始は12月。

| - |
























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items