<< このところのお仕事 その2 | main | アウトロー >>
Song For My Father

 

 今日の淀川はいつになく穏やか。風もそれほどなく、二三日前のように痺れるほど寒くもなく。そんなわけでテストはいつもの溜まりではなく本流で、いつになくスムースに進む。寒くないとは言うものの、この季節にSUPやってる人がいてちょいと驚いたけれど。

 

 フィッシングショーが近く、3月には名古屋のキープキャストと九州フィッシングショーが控えていることもあって、テストはもちろん、このところかかっている仕事が佳境を迎えつつある。穏やかだった淀川とは裏腹になんだか少しあせりを感じ始めないでもない今日この頃。

 

 そんな仕事の一つ、次にリリースのルアーが冒頭の画像。2年ほど前にリリースしたWhippy Jにリップを取り付けて、ウォブリングあるいはウェイキングとジャークに特化させ、いわゆるライブリーにリファインしてある。このサイズ、この体高のプラグがアクションする様はやっぱりインパクトがあるし、Whippy Jとはもちろん別物だし、新機構のプロップもなかなかの働きだし、単に「これにリップを付けてみたら?」と言うごく単純な発想から始まりはしたものの、それ以上に面白いものに仕上がったと思っている。リリースは2月末予定。お楽しみに。

 

 

 テストが大詰めを迎えているのがこのSweepy DB、フィッシングショー期間に受注が始まる魚矢別注のルアー。比重とウェイトを再度見直すと言う作業がテストの主な目的だ。それは再リリースする際にはいつもする作業と言えばそうなのだけれど、今回は諸事情でちょっと手こずった。それもまあようやく解決を見ようかと言うところ。

 

 今回は俗に我々が言うところのグリグリ、つまりは大ぶりなグリッターを全体にまぶしたものも製作しようと思っている。こうすると全体のウェイトが増すのでその辺の調整も。ウッドの場合は実はグリグリには軽いブランクを充てて調整する。ところが比重がウッドより安定しているウレタンではそうもいかないので、そこは良し悪しが逆転する矛盾が生じることになる。そういうのがルアーの面白味とも言えるのだけれど。

 

 そんなわけでDB(ウレタン)でグリグリをやることを避けてきた経緯がある。それにせっかく少し価格帯を下げているDBで、手間がかかるグリグリをやるのは果たしてどうなの?という問題もある。それでも、年の初めのフィッシングショーということで、ちょっとしたスペシャル感を出したいと思いまして。ま、思うほどそういう意図って伝わりにくいもの、ということもわかってはいますが。

 

 テストはこれだけではなくて、アイデアを年末にようやく形にしたサンプルいくつかも含めて複数を同時に進めている。そのどれもが実際にものになりそうで、忙しくはあるもののそれはそれで喜ばしく、来たるシーズンに向けて俺自身もとても楽しみ。メキシコ遠征にも当然持ち込めるし。

 

 

 今日のブログのバックにはホレス・シルバーのSong For My Father。アルバムはもちろん、俺はこのジャケットがとても好き。アルバムのカバーに父親の写真を用いるなんてちょいと粋である。だからこそ使ったというのもあるのだろうが、写真自体も出来過ぎといっていいくらいにいい。そのアングルも小粋なハットとスーツも、タイトルとロゴだけのブルーノート特有のシンプルなデザインによく似合っていて完璧だ。それになんて暖かな笑顔なんだろう。

 

 もちろんこんなにいかした紳士ではなかったけれど、これを見ていると死んだ父親を想い出す。自分自身が父親になってみると(未だに信じられない思いではあるけれど)余計に、孫の顔を見ることのなかった父親の存在をこうして想い出すことに幾らかの切なさがともなうようになった。不思議なもので。

保存保存

保存保存

| - |

























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items