<< Like a Hurricane | main | このところのお仕事 >>
フォトグランプリ!

 

 お待たせしました。2017フォトグランプリの結果を。

 

 グランプリは文句なく59.5cmをNiva Rantでキャッチしたカミオカに。彼は今夏このチャートリュースのNiva Rantで50upをよく釣った。彼とは一緒に行くことが多く、だから目の前でそれを見ることも何度か。全く反応がない状況でポンっとそれをやってのけてしまうこともあって、このプラグがいくら「釣れる」プラグだとは言え、なんだかちょっと文字通り神がかっておりました。

 

 そのメソッドは決して派手なジャークではなくて、ジョリッという程度のショートジャークとも言えないくらいの弱目のアクション。さらには、もう一つの決め手がルアーのカラーにもあったような気がしてならないのは、実は俺だけではなくて何度か彼と同船することがあったおかもっちゃんも同じく。

 

 この魚は俺と一緒の時のではなく、そのおかもっちゃんと一緒の時のものだけれど、これも状況は決してよくない中での1本なのだそう。それも開始早々のことだったとか。いやはやお見事でした。彼にはSukiyaki 60HFを進呈します。

 

 

 準グランプリと、それから特別賞=タイミング・オブ・ザ・イヤーのW受賞はもちろんこの人、知る人ぞ知るマニア谷口。タイミング・オブ・ザ・イヤーは何も今に始まったことではなく、もう十数年以上も前からそうなのだけれど、一度もそういう賞をあげたことがないこともあって、この際そうすることにします。津波ルアーズ始まって以来20年、彼以上の貢献をした人はおそらくいないでしょう。

 

 20年もやっていれば、いつの間にか(あるいは突然?)遠のくユーザーだって当然いるわけで、こんなにも長く一途に、そして絶妙の距離感でかかわってくれる人って、思いつく限り彼とそして太田隊長、それに田盛くんくらいかなあと思っています。(我こそはと思う人がいたら失礼!)もちろん彼は今年もやってくれることでしょう。と言おうか、既に初バス一番乗りを果たしているし。

 

 そんな男に感謝の意を表して、また今後の貢献に期待を込めてModerno 60を進呈。

 

 

 敢闘賞はびっくりあわせ大坪くんと還暦伊東氏のコンビに。ここ2年くらいというもの彼らの躍進はめざましく、新規参入のユーザーが少ない中、本当によく貢献していただきました。しかも年間を通してコンスタントに。これはとても嬉しかった。

 

 

 彼らには感謝の意を表して、ルアーをお贈りしましょう。何が行くかはお楽しみ、と言うか、お二人ともこれを見たら何が欲しいかお知らせ下さい。可能な限りご期待に沿うようにしましょう。

 

 大坪くんに至っては、実は年末にハワイに移住なんていう思い切った人生の選択をしたようだけれど、伊東さん共々、今後も長〜くライフスタイルとして釣りと付き合っていただくことを期待しています。大坪くんのハワイからの投稿ははてさていつになるでしょうか。楽しみにしています。

 

 次点はDVDに出演してすっかり有名人のグランデ小川、太田隊長の影響でここ数年メキメキと頭角を現すどんくさ太郎とチャーリー、折に触れて投稿をくれるデンさん、マイペースながら古くからの付き合いの田盛くん、OUTINGにも来てくれた久枝くん、急に誘ってもいつも快く同行してくれるおかもっちゃん・・・といったところでしょうか。もちろん、投稿をいただいたすべての人に感謝します。

 

 そんなこんなで今年20周年を迎える津波ルアーズをどうか今後ともよろしく!

 

 さて、今年もフォトグランプリはもう始まってます。まだレギュレーションはUPしてないけれど、詳細は去年とほぼ同じ。今のところ暫定1位はマニア谷口です。あたりまえだけれど。

| - |