<< Beat King JとSlapphappy Beaver | main | Camp & >>
Something Nice ?

 

 今年のTシャツのデザインを上げる。器用にホイホイやってしまえるタイプでは決してないので時間がかかってしまうのはしょうがないとは言え、それでももう少しさっさとスマートにできないものかと思う。ま、そう思うのもいつものことだし、それはTシャツに限ったことでもないのだけれど・・・。ともかくこうして出来上がったデザインはなかなかの出来栄えで、例年と比較しても出色ではないかと思っているところ。ま、しかし、それも例年か。

 

 探しているものはSomething Nice。それこそはセンスというもの。このグラフィックにしたってあらゆる機会に心に留まったイラストなり、モノなり、思考なりを頭の中でリビルドしてあるいは模倣してメモ用紙に俺自身が描き溜め、それをかき集めてMacに取り込んでレイアウトしてある。

 

 

 例えばSonicmasterだって、まさにSomething Niceを津波ルアーズ的にリビルドしたもの。とは言うものの、それは津波ルアーズでしか成立しなかったものだと思っている。他が同じことをやったにしても同じものにはならないだろうから。

 

 先日リリースのそのSonicmasterはメーカー在庫は完売で、お店でもおそらくは品薄あるいはSoldのところがほとんどとの噂。それでも探しているという人に朗報。大阪は梅田のルアーショップ1BANにはTSB以外の在庫があるそうなので、お探しのあなたはぜひ問い合わせてみてちょうだい。

 

 このルアーショップ1BANというお店、ルアー全般のいわゆる量販店で、小さなトップウォーター専門店、あるいはトップウォーターに力を注ぐプロショップというのとは違い、うちのディーラーにおいては少々珍しいタイプ。量販店だけにその豊富過ぎる在庫は驚異的で、トップウォーター関係の在庫にしてもそのへんの専門店は足元にも及ばないほど。うちの在庫もSonicmasterに限らず日本有数なのだ。それもこれも店長池田氏のマニアックな趣味が高じたおかげなので、量販店にありがちな知識の不足なんてことはあり得ず、大抵のことは彼に聞けば解決してしまうはず。というわけで量販店にはまずないマニアックな品揃えの、トップウォーター的には穴場的ルアーショップ1BANに一度足を運んでみて欲しい。

 

 

 

 さて、イベントの告知。前にも一度お知らせしたけれど、Go-Phish武田が企画するちょいと変わった趣向のイベントSurface Cowboyである。彼は海の人として周知されているとは思うけれど、実はトップウォーターにも造詣が深く、気づけば付き合いも長く、そんなわけでこういうことになった次第。うちのブースでは現行及びプロトのルアーやタックルの展示をメインに、在庫のルアーやロッド、デル・プラスチコのアウトレットなんかの販売もあり。もちろんお答えできる質問にも全力でお答え致します。Something Niceなイベントにぜひいらっしゃいませ。

 

 

 ところで私的GWはというと、うちの場合は不定休なので暦通りに休むわけではないのだけれど、それでも遠方の兄弟なんかが実家に帰るというとそれに合わせて休むこともある。一般の人たちとそうでない人たちの過ごし方の間を行ったり来たりというわけだ。というわけで、うちの息子はと言うと、4ヶ月遅れて生まれたいとこに、あるいは11年先に生まれたいとこに遭遇したり。

 

 

 とんでもない見たこともない渋滞の先の徳島の実家で、久しぶりに会う11年先に生まれたいとこの方は、なんとスペイン帰り。彼の地にサッカー短期留学してきたのである。そのせいか少しだけ大人びた、俺にとってのその甥っ子から、俺の記憶に間違いがなければ初めての、お土産なるものを手渡されていい大人の方が少々戸惑う。やつからものをもらうことになるなんてちょっと前までは思いもしなかった。大したものではないのだけれど、これもまたSomething Niceではある。大事にすると言うよりは、身につけていたいと思っている。なんとなく。

 

 

 そんなこんなのGW中、なぜかよくかかったのがジョアン・ジルベルト。俺の車の中ならまだしも、うちの弟のVWのステレオからも流れてくるものだから余計に印象深かった。ボサノバって言うのは当然ながらブラジル生まれの音楽で、世界的に認知されたポピュラーなこのワールドミュージックではあるのだけれど、海を渡ったそれとオリジナルとはやはりひと味もふた味も違うのだと言うことを、ジョアンを聴くたび思う。珠玉とはこういう音楽のこと。

 

 

 そうこう書くうち、デンさんからの報告。マニア谷口に続きBKJで二番乗りだ。画像の奥の眼差しが妙に頼もしい。決して短いとは言えない年月の後、このプラグでまたも報告をもらうということにはちょっとした感慨を覚えてしまう俺である。

 

 

 さて、明日は親しくしている連中とうちの家族のキャンプ。明日はGWも開けているわけで一般的な休みではないのだけれど、一般的には休まない、あるいは休めない、考えてみれば奇しくもそういう連中が集うということになる。行き先は淡路島。つい数日前の恐ろしいほどの渋滞はまずないと思うし、このところの忙しさとその後予想される忙しさを少し忘れて、Something Niceな休日に浸りたいと思っている。

| - |