<< リー・コニッツが鳴る早春の宵 | main | 悪い大人 >>
奇天烈と完璧と

 

 俺はなんて奇天烈なことをこうも次から次へと思いついてしまうのだろう、とひとまず自画自賛してみる。決して卑下ではなく。

 

 このところ、前々から考えていたことを実際にルアーに施してみるという作業に取り掛かっている。不定期にこういうことが自然発生的に起こり、やり始めると相乗効果というやつで、後から後から試してみたいことが湧いてくる。中には「なんじゃこれ?」と自分でも笑ってしまうようなアイデアもある。

 

 昨日思うに任せて作ったものだって、これはもう本当に面白いアイデアで、実現すればかなり楽しいものになるはず。ただ、残念ながらものにならないことはままある、というよりはそれがほとんどである。昨日の夜に書いたラブレターのようなものだというと、少し例えは違うだろうか。それでも中にはものになるものが必ずあって、それがうちのルアーとしてリリースされるわけだから、この作業はとても大事なのだ。

 

 もちろん、今シーズン(おそらくは5月あたり)リリース予定のSweepy J del Plastico(上の画像)だって、そういう作業から生まれたもの。ウッドの時にも結構な苦労をしたのだけれども、プラスチック化するにあたってもそれ以上の試行錯誤を要した労作だ。

 

 「いろいろな判断を先送りにできたら、こんなにいいことはない」というような表現が、今読んでいる小説の中に出て来て、気づくとついつい深々と何度もうなづいて「やっぱりそうよね」とひとりごちる俺がいた。なんというか、完璧なんていうものは完璧にないわけで、それなのに「えいやっ!」とジャッジしなければならないことがこの世には多過ぎる。例えばルアーをプラスチック製品化することにはそれ相応の俺にとっての大金がかかってしまうから、これを「はい、どうぞ、やって下さい」というのは相当ストレスフルな作業なのだ。

 

 ちまちまと思いつくことを試しているうちは楽しいのだけれどね。

 

 

 彼らの演奏は俺には完璧に聴こえる。不完全さも含めてというと語弊はあるけれど、音楽とはそういうものだと思う。普段の生活はほとんど破綻してしまっていたらしい彼らの音楽のなんと美しいことか。「But Beautiful」という本があったけれど、ま、そういうことだ。完璧でないからこその完璧。

 

 

 ところで今年はなんだかイベントづいている。先日の「とにかく牡蠣を腹一杯食う会」に来ていたGo-Phishタケダくんに突然誘われて、このイベントに有無を言わさず引き込まれてしまう。発起人あるいは仕掛け人たるもの、時にはそういうリーダーシップは必要だ。俺のように尻の重い出不精の男を引っ張り出すのなら余計に。

 

 それにしてもちょっと新鮮な趣のあるイベントのようだから、肩肘張らずにお気軽に楽しもうと思っているところ。

 

 そうそう、一昨年は心斎橋、去年は博多の東急ハンズでやったFishing Safariというイベントも今年3度目開催の予定で進みつつある。なんと場所は渋谷。詳細はそのうちに。

 

 

 そして、そのFishing Safariのメンバーでもある中津のイレクターズが、来週末えらいことになるらしいと、もっぱらの噂。ビンテージコールマン大即売會と題し「期間中約300台のランプ&ランタンを販売させて頂く予定です」とのこと。なんでもアメリカのコレクターが大放出したのだとか。見るだけでも価値ありか。

 


 価値ある放出品はこちらにも。うちのユーザーである福岡の大坪くんという人がボルボ240をよんどころない事情により譲りたいそう。90年製のカラーはフィヨルドブルー(画像参照)。車検は今年の11月まで。走行15万キロ弱。機関はボルボのディーラーで定期的に見てもらっているので問題ない(はず)とのこと。80万(送料と登録料は先方持ち)でいかがでしょう?問い合わせはmsfogg1969@hotmail.comまで。

 

 

 ボルボと言えば240。240は名車である。見たところホイールは定番のコロナホイールを履いていて、さらにはホワイトリボンのタイヤを履いているフィヨルドブルーのこの車の端正なこと。実を言うと俺も愛車240をオールペンする際に、今のボーンホワイトにするか、このフィヨルドブルーにするか相当迷った。それほどいい色。

 

 

 27年も前の車なので、それなりに修理と付き合う必要はあるとは思うけれども、愛車というにふさわしい車になってくれること請け合い。不完全さも含めて完璧を愛する奇特な人に。

| - |