匠の素顔

 ふと気づくとチェット・ベイカーが鳴っているのは悪くない気分だ。でも、昨日の朝にマダニに噛まれて、そのことを思い出すと憂鬱な気分になる。

 ストレッチをしつつ太ももの付け根を見たらかさぶたがあって、どうもそれはめくれ上がって取れかかっている。と思ってよく見たら、なんとかさぶたには足が生えているではないか。マダニだとはたと気づく。うちの愛犬は予防をしているので、どうやら俺が淀川でのテストの時に拾って来たものらしい。しょうがないのでそいつを引きはがしてトイレに流した。

 たいしたことないと思って昼から琵琶湖に釣りに出かけて、夜に帰って来てネットで調べると、マダニにはいろんな感染症があることがわかる。それに自分で取り去るのは得策ではないらしい。頭やとげが残ったり、体液が逆流したりするので、皮膚科や保健所に行って取ってもらうか、自分でやるにしてもやりようがあるのだそう。

 さらに悪いことに、最近新種のウイルスを媒介することがわかったのだとか。そう言えば、今年、それで誰かが亡くなったことを思い出す。最悪だ。


 今朝、皮膚科で抗生物質を処方してもらう。ただ、その新種のウイルスに特効薬はなく、対処療法しかないのだそう。潜伏期間が1週間から2週間。もしその後に俺が死んだりしたら、それはマダニのせいだと思って下さい。救いはこの周辺ではまだそのウイルスの症例がないと言うこと。

 昨日の午後の琵琶湖は風が酷かった。バスボートに乗っての釣りだったけれど、そうでなくてジョンボートだったならば釣りにはならなかったと思う。なかなかトップウォーターには分が悪く、テッケル・マエダが得意のVickitanで4バイト1フィッシュ、アチャコ・タマイがCosmo del Plasticoで1フィッシュという結果。マダニにつきを吸われた俺はノーフィッシュなのでした。

 それでもなんだか昨日の釣りは楽しかった。マダニに噛まれたからというわけでもないけれど、人生楽しまなくてはいけないと、そう思うのだ。



 マダニで死んでしまったならば、俺が誌面におそらくは最後に登場したことになる、そういうムック本があとしばらくで刊行される。その表紙が上。「匠」とはこっぱずかしいが、まあいいでしょう。

 先日もお知らせしたように、画期的ムックです。大人が本棚に置いておいて、決して恥ずかしくない一冊だと思います。

 
Chet Baker Quartet Featuring Russ Freeman
| Fishing Music Information |
マニアックな集い

 オヤジが見ているので致し方なく、TVから流れて来る田端義夫を聴く。それにしても、今流行の歌番組を見るよりはよっぽど気分がいい。歳のせいばかりではないと俺は思うのだ。

 本日は下の写真の連中、Y・Style店長とコバーンとジョーと高知のダムで釣り。ここ数年、お盆恒例の行事である。


 午前中は俺がCosmo del PlasticoとSweepy J(プロト)で30cmと40cm超を釣って昼休憩へ。ここに詳しいコバーンによると、どうやら今日は厳しいらしく、他の三人はまるでだめで、俺は得意満面というところ。


 ただ、流石に午後からはMighty Arrowzinho del Plastico Tandemで店長1本、コバーン2本(たぶん)、ジョー1本(たぶん)と地元勢が巻き返し。俺が最後に30cmクラスを1本釣って終了となった。

 久しぶりのリザーバーで3本も釣ったら、俺にとっては上出来で、久しぶりのお客さんたちとわいわいやれたから、とても楽しい一日だったのでした。


 ところで今日は店長のリクエストもあって、ニューロッド=FUNKALLERO(ファンカレロ)のサンプルを持ち込んで、3人にそれぞれ試投をしていただく。これが予想外に好評で、ちょっと拍子抜け。振ってもらうと、俺が思うと同じく、しなやかでよく曲がる、しかもトルクフルなこれのおもしろさ、あるいはどこにもないフィーリングをわかってもらえるようだ。

 なんにしろ、そういうことをわかってくれる人がいるということは、俺が思う以上に案外マニアックな人たちが生息しているということだろう。少々躊躇はしたものの、ソリッドカーボンにグラスを巻くなんていう、奇天烈なロッド(彼ら曰く「変態ロッド」とも)を作って良かったのかなあと、思いかけているところです。


 このロッド、製作本数は津波ルアーズで25本、CRAWLERで25本しかないので、興味のある方はお早めの購入をお薦めします。よっぽどの注文がない限り、次はいつになるかわかりません。
 
| Fishing Music Information |
暑気払いにアート・リンゼー

 帰省した日の田舎の夜の空気は思ったより爽やかで、そして涼しいのだった。同じ四国の四万十では41度を記録したらしいから、寝苦しいほどの熱帯夜を想像していたら、拍子抜けするほどの心地良さ。田舎の夏の夜はこうであって欲しい。

 ところが、昼間はやっぱりげんなりするほど暑くて、暑気払いにイノセントでナイーブで奇妙奇天烈なアート・リンゼーのボサノバを聴く。涼しげなボサノバにさらに少々の狂気が加わる、彼の音楽のせいで、周りの空気が少し涼感を増した。


 上の写真は雨の日の晴れ間の琵琶湖。これが先週の月曜日で、この日はゲリラ豪雨を車でやり過ごし、いかにも釣れそうな夕まずめの凪の水面に挑むも、写真のカワハラ君がようようSlapphappy Beaverで1本獲ったのみで終わる。

 ナカシマと挑んだ同じ週の金曜日は雨もなく、カンカンと照りつける太陽がまぶしかったにもかかわらず、月曜日の様子からするとびっくりするほどの反応があったから、釣りとはわからないもの。

 さて、明日は高知の面々と釣りに出かける予定。暑い暑い高知でどんな釣りが出来るのでしょう。

 
The Subtle Body (O Corpo Sutil)

 Cosmo & Vickitan GPには既に50upが3本も出たりして、ぼちぼち投稿が集まり始めております。もっともっとにぎやかになっていただきたいので、皆様どうかよろしく!
| Fishing Music Information |
止められない理由

 ジョリーパスタでデューク・エリントンとジョン・コルトレーンの「In A Sentimental Mood」を聴きながらパスタを食って、体中をめぐる疲労感と一日の終わりを実感する。

 今日も一日、暑い暑い琵琶湖だったけれども、着実に季節は進行しているようで、ウィードは水面を破ってさらに繁茂し、ヒシモの絨毯はますます広がり、アオミドロはなおも増殖するのだった。(上の写真は6月末の琵琶湖です)


Duke Ellington & John Coltrane

 今日はのびのびになってしまっていたFishing Safari web ver. Vol.2の再撮日。確か前回は6月だったはずだから、ほとんどひと月も経ってしまっている。先週、先々週はVickitan HornVickitan 2013の怒濤の検品補強出荷作業で、その後アルバンのDVDのための撮影があって、明日はCosmo del Plasticoの入荷日で、さらにはカメラマンのこっすん(Makie TV)とて書き入れ時で、そんな間を縫っての敢行であるから致し方ないとは言うものの、随分遅くなってしまった。


  「厳しい状況の中・・・」なんてものの言いようは、使い古されて2周半ほど回っているとは思うのだけれど、 いやはやほんと、そう言いたくなってしまうこの頃の俺の琵琶湖で、今日とて例外ではなかった。

 ただ、いつもと違うのは結果が出せたこと。「厳しい状況の中」何とか釣ったということだ。はっきり言ってそれほど大きな魚ではなかったものの、まあ嬉しくて涙もちょちょ切れんばかりだった。これがあるからキャストを止められない。

 来週には前回のと合わせて編集も上がってお披露目となるはず。前回のことがあるからこそ今回があって、それはそれで奥行きのあるおもしろいものになるのではと思っているので、どうかお楽しみに。

 さて、明日はまたしてもパッキンの壁が事務所にやって来る。
| Fishing Music Information |
5mmの意味

 知りたいことがあって一年くらい前のブログを振り返ると、グレアム・パーカーのことが書いてあって、そうこうするうちにMacがグレアム・パーカーをプレーする。夕陽にロマンを感じると同じように、こういう偶然にミステリアスな何かを感じてしまうのが人というものなのでしょう。

 それにしても、一年前にも彼の音楽を注視しているところをみると、暑い夏には汗臭くも爽快な、こんなパブロックが似合うのかもしれないなあ。


 暑さ対策にグレアム・パーカーももちろんではあるけれど、紫外線をカットして吸汗、そして素早く乾く、機能的なウェアもあるに越したことはないと思うのです。今シーズンのUV-Cut & Dry T-shirts [Long Sleeve]もうすぐ予約開始予定。


 さて、昨日の釣りのお相手はヒデキ君。二年ぶりにご一緒した彼と、それからその嫁さんとの付き合いは何年になるのだろう。彼らと知り合ってから生まれた彼らの息子が四つだそうだ。

 そんなヒデキが風とそしてなかなか乗らないバイトに苦しみつつ、ようやく獲った琵琶湖バスが上の写真。50cmにはわずか5mm足らずでした。その前に俺が53cmを釣ってしまったもんだから余計にあせったことでしょう。


 「これで来たかいがあります」という彼は仕事を辞めて地元で農業をやるつもりなのだそうで、「いいシーズンにこっちに来れるのはこれが最後かもしれません」とも。釣れて良かった。足らなかった5mmはやがて来れることになるその時にとっておこう。

 ちなみに俺が釣ったのはBeat Stickによる件の金属音パターン。鋭く首振りを1回2回くらいでバシュッと派手に出ていただきました。


Heat Treatment

 昨日の同時刻にはアルバンの撮影のサポートをしてもらっているCrawlerもそこそこ良い釣りをしたようで、そのあたりを参考に木曜からの撮影にのぞもうと思う次第。しかし、この暑さじゃ釣果よりも俺の体力の方が心配だ。
| Fishing Music Information |
最終型

 いいわけがましいとは重々承知しているのだけれど、言わせていただくならば、俺が琵琶湖に赴くタイミングはこの頃あまり良くない。わざわざ釣れない日に行っているようなものだ。ま、しかし、それも釣り、甘んじて受け入れる他はない。

 昨日も昨日で風に苦労した割には目覚ましい釣果は得られなかった。とは言え、そんな中プロトのSweepy Jでの1本は嬉しかったし、スエヒロのSlapphappy Shadでの54cmは見事だった。


 Slapphappyシリーズって、ほんとに良く釣れる。お助けマン的に釣れてしまう。もちろん来週リリースのBeaverだって同じ。なぜそうなのかはわからないけれど、これを知っている人は釣るたびに「やっぱりこれって釣れる」とほくそ笑んでいることだろうと思う。

 そういううちの看板ルアーになってくれるのでは?と思って、と言いますか、そういう願いを込めて作っているのがSweepy Jなのである。他のルアーにはそういう想いがないのかというと、そういうことでは決してないのだけれど。


 例えば、5月にリリースのSonic Vitaは既にいろいろなところから好評を得ているし、実際に釣れていて、これはほんとに「釣れる」プラグだと自負してはいる。でも、地味と言えば地味かもしれないなあ、とも。

 Sonic Vitaに関して言うと、こういうポッパーはずっと欲しかったから、ことあるごとにプロトを作っていて、でもなかなか思うようにいかなかったところ、ようやく満足のいくものが出来た。それも例えて言うならば、ある日ポンっと出来上がってしまった。

 Sweepy Jの場合は理想があって、そこにたどり着くのに少々時間がかかった上、その周辺で右往左往試行錯誤が長かった。昨日釣ったプロトは及第点で、先日削ったのがかなり理想に近いはずで、これをそろそろ最終型にしなくてはと思っているところ。

 
COFFE CALIENTE NEGRO

 さてと、先日Vickitan HornPVをUPしたところ、そのBGMに関しての問い合わせがたった2件ほどあった。BGMにはAsian Sonic Ensembleの「Pilanha Dance(ピラーニャ・ダンス)」と言う曲を使っております。しばらくバンドからは遠ざかっている俺だけれど、このAsian Sonic Ensembleは俺が最後にやっていたバンドなのです。

 そんなわけで、久しぶりに自分のバンドの音源を聴いてみる。俺には未だに何が悪いのかわからない。爆発的に売れるなんてことは考え難いけれど、もう少し認められても良かったんじゃないかと思う。聴く度そう思う。

 なんとamazonには在庫2点となってます。それからもちろん当オンラインストアでも買えます。思い切って買っていただくのもいいかと思います。
| Fishing Music Information |
散々苦労の果て
 


 amazonのアート・リンゼイのバイオグラフィーには「イーストヴィレッジの催眠術師、ギタリスト」と書いてある。これは「催眠術師」だけでもいけないし、「ギタリスト」だけでもいけないわけで、いい得て妙だと思うのです。事の真偽は別にして・・・。俺も「摂津の催眠術師、ギタリスト」なんて言われてみたい。


 昨日の釣りは最終幕が見事で溜飲を下げた。


 結果的にということではあるけれど、まずは行く日を間違えた。始まったばかりの梅雨の晴れ間なんかに釣りに行くと、ろくな事はないということを学習する(また忘れると思うけど)。それに朝一番に入るポイント(濁りが結構入っておりまして)を間違えた。さらには夕まずめに入るポイントも間違えていたかもしれない。



 他人は別にして、とにかく我々には昨日の琵琶湖は渋かった。どこへ行こうが、どこへ投げようが、出ない、ようやく出ても乗らない、さらには昼前、同船のカミオカは前回に次いでまずまずの立派な魚をかけるも痛恨のバラし。そんな風に一日中散々苦労した挙げ句の果てにハイライトがやって来たのは俺にだった。


 去年65cmを釣った場所のほど近く、沖目にパラパラと生えた菱藻の生え際あたりに向けてSlapphapy Beaver 2013プロトをキャストしてはスローリトリーブを繰り返す。その何投目かのスローリトリーブ中にひったくるようなバイト。とたんに俺のSukiyaki60Hが強力に締め込まれる。浮いて来ると思ったら再度の締め込み。そのパワーに上がって来るまでは50台後半以上(歳のことではありません)を確信していたものの、上がってみたら40台後半(これも歳のことではありません)の働き盛りの魚だったのでした。



 いやいや、しかし、あのひったくるようなバイトからの締め込みにはかなり興奮した俺だ。それに、ほとんどあきらめつつも、しかしミラクルを信じながらのキャストに出た魚だったから、とても嬉しかったのでした。バカデカいとはとても言えないけれども。



 さて、明日は今シーズンのTシャツおよびポロシャツのご予約締め切りです。ご予約は各ディーラーもしくは当オンラインストアにて。サイズによっては多少の在庫はしますが、基本的にほぼ受注製産です。


 ちなみに写真のPEACE TEEは、今年の冬にリリースしたパーカと同じく、上下のテキストはシルクスクリーン・プリント、魚マーク(中に273)の部分はチェーンステッチで、自分で言うのも何ですが結構凝った作りなのです。


 蒸し蒸しした梅雨も、暑い暑い夏も、朝から晩までフィールドで遊ぶお供に、あるいは普段のお供にしていただければ幸い。


Mundo Civilizado

| Fishing Music Information |
Imagine

 いったい国とは何なのか?この頃思う。夕べのTVでやくさんが「為政者による為政者のための国」というようなことを言った。なるほどそうだ。「国なんてない」と歌ったジョン・レノンが俺は好きです。

 さて、いつまでも釣りをしていたい、それに音楽も、だから平和を愛する、というようなゆるりとしたメッセージを込めたTシャツはいかがでしょう?

 そんなLFMP TeePEACE Tee、それからボタンダウン・ポロシャツライン・ポロシャツの詳細ページが出来上がる。ご予約は各ディーラー当オンラインストア(ご予約の準備出来ました)にて。締め切りは6/2。


 昨日は夜明けから日暮れまでカミオカと琵琶湖で過ごす。朝一番にカミオカがCosmo del Plasticoのプロト・サンプル(エジーニョプロップ・ヴァージョン)にて、明らかに50upをバラしたのがハイライトで、その後ほとんど丸一日盛り上がりなく終わった。ま、しかし、それも釣りだ。

 そのせいか、黄色いプラグにブシュッと言うような音を立てて食らいつき、それからもんどりうってジャンプしてどこかに消えて行った、あの見事な体躯が妙に鮮やかに目に焼き付いた。ほんとに妙なもんです。


Imagine
| Fishing Music Information |
本格的シーズン到来を告げる

 今日はお知らせ満載。まずはFishing Safari web ver. #1のお知らせ。先日の釣行をYou Tubeにて公開だ。

 3投目の54.5cmだとか、俺の勘違いだとか、元木持ちの全容だとか、明日出荷のSonic Vitaや今夏襲来予定のCosmo del PlasticoやVickitan Horn、Slapphappy Beaver 2013 ver.の映像を惜しげもなくweb上で公開!いつもながらの緩い感じをお楽しみあれ。

 下の写真はその撮影釣行から数日後の釣果。


 スエヒロが初めてVickitanで魚を釣るの図。合わせが遅れたか、それとも意図して遅らせたか、それとも魚が躊躇なくVickitanを吸い込んだか、とにかくルアーは丸呑みされておりました。息子のシュウタにVickitanでは先を越されて、ようやく念願かなったのである。奇しくも息子も同じくルアーを丸呑みされていたそう。


 俺はというと、元木持ちで応酬。Slapphappy Beaver改(2013ver.)ででっぷりの魚を。こいつの他にも同じルアーでバラし&バイトあり。ビーバーって釣れるんです。

 それにしても俺にもようやく本格的シーズン到来だ。


 他にもシーズン到来を告げるアイテムがある。今シーズンのTシャツとポロシャツのサンプルが上がったので、とりあえず簡単に紹介。

 まずはアーチ型のクラッシュしたPEACE他の文字にチェーンステッチの刺繍をあしらったTシャツ。


 それから同じくクラッシュした「LOVE FISHING, MUSIC & PEACE」の文字を染み込みプリントしたポケットT。


 ポロシャツはこれも胸ポケットの付いたボタンダウン・ポロとライン・ポロに例の魚のワンポイント。以前のヴァージョンと違うのは魚刺繍にホワイトベースの台が付いてワッペン風なところ。


 予約開始までしばしお待ちを。

 それからそれから、ただ今、かのグラスファクトリーにて偏光グラスを企画中だ。ひょんなことで社長を紹介していただいて、そして快くうちのような小さなブランドのサングラスを作ることを引き受けていただいた。うちとしてはサングラスは2年ぶりとなる。

 社長の乾氏をして「眼鏡ブランドとして恥ずかしくないものを作る」とは力強い限りで、俺自身もとても楽しみ。もちろんフレームはクラシカルで雰囲気があるもので、フレームもレンズもクオリティーUPは必至なのだ。既にサンプル進行中。


Parranda! Venezuelan Carnival Music

 今日のBGMは最近仕入れたヴェネズエラのカーニヴァル・ミュージック。偶然、今朝の新聞にヴェネズエラが世界一危険な国である旨のことが載っていたけれど、そんなことは微塵も感じさせないご機嫌なサウンドが事務所の空気を揺らしているところ。

 ラ・サルディーナ・デ・ナイグァターはカーニヴァルのクロージング・イベントである「イワシの埋葬」(?!)というパレードで活躍するベテラン・バンドなのだそう。なかなかシュールなパレードではあるけれど、考えてみれば日本にも「箸供養」とか「針供養」とかあるわけで、所変われば品変わるということなんでしょう。

 こんな陽気な供養ならハッピーでいい。
| Fishing Music Information |





















ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES











Recent Items