Sonic Vita

 名前をようやく決めました。Sonic Vita(ソニック・ヴィータ)です。

 と言うわけで、リリースのご案内。5月23日前後になるかと思います。Productsの更新は例によって近日中となるので、先駆けてここでご紹介。動画も近日中です。


 
Sonic Vita
ソニック・ヴィータ

98mm 3/4 oz class

アユース製 ウレタン・フィニッシュ

Color: 
Wave [WV] 
Crazy Fish Gray [CF-GY] 
Calavera Mint Green [CV-MG] 
Swim Frog Tropical [SF-TP] 
Swamp Creature Strawberry [SC-SB] 

JOHNNY ACE Tune
Johnny’s Red Head [JRH] 

CRAWLER Tune
Rainbow Trout [RT] 

Price ¥7,560 (Tax Include) 
CRAWLER Tune ¥7,980 (Tax Include) 

 ターンしながらのポッピングに加えて、軽くジャークすることでほぼ直線的に移動しながらほどよいスプラッシュを上げる、そんなポッパーです。

 そう言ってしまうといたってシンプルですが、津波ルアーズにとっては簡単ではなかった。これが求め続けたアクションで、実を言うと10年メキシコに通った成果でもあります。ただ、少しずつ丹念に理想に近づけて来た、と言うことではなくて、何年にも渡って試作を重ねるうち、ひょんなことから出来上がってしまったというのが真相ではあるのですが。

 それはさておき、今回はいつもと違ってカラーラインナップにJOHNNY ACEとCRAWLERが名を連ねています。ある日ふと思いついて、津波ルアーズと関係の深い彼ら2ブランドにカラーチューンを依頼したというのがその経緯。

 ただの思いつきとは言え、津波ルアーズにとってはなかなか楽しい試みでした。これが彼らにとっても、そして皆さんにとってもちょっとしたアクセントになればと願っています。
| Lure |
梅と桜

 梅は枝もたわわに実をつけ、桜は青い葉を広げ精一杯に陽を浴びる、そんな季節らしい。

 昨日はおふくろに言われて、弟一家とおやじと庭の小梅を収穫した。そういうことって昔はとことん面倒だったのに、今なら進んでとは言わないまでも、まあ、そう言うならいっちょやったるか、というような心持ちで取り組める。麦わら帽子に軍手なんかできめて。


 この二三日は天気は良くて、精神的には良い骨休めになったと思っている。ただ寒暖の差だけは一向に緩まる気配がなく、それはやっぱり思った以上に体調に影響しているような気がして、溜まった疲れがとれたような気配がない。これを歳と言うのかしら。

 

 思った通り、プロトのテストもまるで進まず、新しいポッパーの名前も決まらない。2013年なのだから、いっそのことLucky 13にでもあやかってSonic 13にでもしようかなと思っているところ。それともSonicシリーズも7シリーズ目ということで、Sonic 7なんてどうだろう。

 ちなみに写真はCFというパターンの新しい配色。黒ベース、白ベース以外ではこれまでで一番気に入っている。

 さて、今日は夜には帰阪する。混んでいなければいいけれど。
| Lure |
帰省前

 いつものようにプロトタイプのテストをするべく淀川へ赴くと、堤防の上がり口を塞ぐようにひとりの警備員とそして「満車」の看板。多いとは思っていたけれど、まさか「満車」とは淀川も行楽地並みなのです。仕方ないのでテストは田舎に帰ってやることにして事務所に引き返す。

 弟家族が実家に帰るのに合わせて、今晩から神戸経由で恒例の帰省である。忙しい日常を抜け出すはずの帰省先でテストをするつもりとは、ちょっとしたワーカホリック。


 今月リリースの上の写真のポッパーは実はまだ名前が決まっていなくて、大阪に帰ってすぐ8日から10日までは琵琶湖で撮影なんかもあって、テストのみならずどうやら宿題満載の休みとなりそうだ。

 それにしても写真のカラーリングはなかなかクレイジーでよろしい。こういうのはこの頃の俺の真骨頂だと思っている。実はカラーリングだけでなく、ポッパーとしての性能にもかなりの自信を持っている。長年出したかったアクションがようやくかなったと思っております。

 そんな名無しのポッパーは先日も書いたように、うちとは縁の深い2ブランドがカラーチューンを施すことになっています。昨日は図らずもその打ち合わせ&飯となったけれど、おもしろくなりそうで、俺自身も楽しみ。

 

ARETHA live at fillmore west

 さて、BGMのアレサのライブにはレイ・チャールズも登場し佳境を迎えるところ。次のアルバムにかかる前に、昨日無事ガレージから帰還した240で出かけるとする。帰省にも琵琶湖にもこれがぎりぎり間に合ったのが良かった。
| Lure |
Mighty Gaddie
 

 高知のY・Styleの15周年記念企画に津波ルアーズも参加させていただいた。提供してもらったブランクにうちのパーツを付けてうちがカラーリングして出来上がった、写真のMighty Gaddeiの予約がどうやら始まったようです。

 うちにはないタイプのプラグという野村氏の要望は、ほとんど彼の頭の中では出来上がっておりまして、あとはそこにどれだけ近づくことが出来るのかというのが俺の作業。これがなかなか辛い仕事で、決して簡単ではなかった。お互いにようやく納得のいった結果がこれなのです。

 詳細はこちらで。

| Lure |
刈り上げ

 水曜日に頭を刈り上げる。試しに9mmのバリカンでトリミングしてもらったところ、刈り上げた感が不足していたので、6mmにしてもらった。コボちゃんだとか、キムなにがしだとか、イジリーだとか、嫁に好きなことを言われたりして、最初はどうも落ち着かなかったものの、3日も経つとどうやら馴染んだみたいで違和感はない。ちなみに写真は俺ではなくて、最近同じくトリミングした愛犬である。

 だからと言うわけではないだろうけれど、夕べは何故かハゲる夢(というよりはそろそろ現実に近いとは思う)を見て、さてどうしたものかと思案するという夢うつつの朝方、突如地面が揺れ出した。震源は淡路島ということだけれど、摂津あたりでも結構揺れました。時間も時間だったから、阪神大震災を彷彿とさせてドキドキがなかなかおさまらなかったのである。

 

 あの時と同じで、それでも俺は再度眠りについて、そうしていつもの時間くらいに起きる。外は清々しいくらいの青空で、いつものようにストレッチなんかの運動をこなし、いつものように愛犬と散歩に出たのだった。酷い余震が来ないことを祈る。

 さて、世間では村上春樹の新刊の発売が話題なのである。TSUTAYAで午前零時前にそれを買うべく並ぶ人の列をニュースで見ながら、自称村上ファンの俺も遅ればせながら、ネットでクリックして注文する。すると今日にはもう届いていたから、夜中になにも並ばなくてもいいのにと思うが、そういう一見意味のないことに意味を見いだすのが人というものなのでしょう。

 あたり前だけれど、それほど話題にはならないHebiの出荷は火曜日あたりを予定しているのである。でも、これにだって、それに例えば刈り上げにだって、立派に意味はあると俺自身は思っているのです。
| Lure |
サプリ
 

 どうせまたすぐに寒くなるのだろうし騙されないぞ、とは思ってみても、それにしても今日は暖かい。散歩していてもランドナーに乗っていても汗ばんでしまうほど。いよいよ春の足音が聞こえ始めた。

 ただ、花粉も飛び始めていると症状の軽い俺にもわかるので、花粉ガードの軟膏を買おうと薬局に寄ってみる。

 入るなり花粉症コーナーがあって、入り口側一面にキリン堂一押しのサプリが置いてある。その名も「近大サプリ」。和歌山の青みかんを使用して近大薬学部が開発した「ブルーヘスペロンキンダイ」は強力な抗アレルギー作用があるのだそう。「50%が飲んでしばらくで体感するほどの効果が・・・」などと薦められ、思わず買ってしまったのである。さて効果のほどはいかに。


 写真のSweepyはみかんならぬいちごである。Swamp Creature Strawberryという去年から塗り始めたパターン。「いちご色の沼の生物」などと訳してしまうと少々気色悪いけれど、毒あるものはえぐいほど奇麗と言うのは定説で、だからこそそういう名前を付けたわけなのでした。

 これの魚に対する効果も、おそらく50%以上の人に体感してもらえるものと思っています。
| Lure |
































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items